得ネタ! » お得&節約 » コンビニATMの手数料無料!さらに貯まるオイシイ話(続き)

コンビニATMの手数料無料!さらに貯まるオイシイ話(続き)

読了までの目安時間:約 6分

Tポイント節約術

前回の内容
コンビニATMの手数料を無料にする
オススメの銀行
でした。

今回は、コンビニATMで手数料を無料にしつつ、
ポイントももらえるある方法について教えます





コンビニATMで入出金するだけで、ポイントゲットするには!?


今回の節約術に必要なのは
★新生銀行のキャッシュカード
★Tポイントカード
★ネット環境

でしたね?


ATMで入出金するのに必要なのは
「新生銀行のキャッシュカード」でしたね?


次に、毎回コンビニでお金を出し入れすると
ポイントももらえるプログラムに「エントリーする」ために
ポイントカードとネット環境が必要になります。


(手順)
1)イーネットATM利用ポイントプログラム
ページにアクセス

2)画面をスクロールしていき、「プレゼント」という見出しにある
エントリーはこちらから
Tポイントカードの番号(16桁または9桁)を入力します

3)このエントリーを毎月1日に行うことで、新生銀行のお金を
コンビニATMから入出金するたび10ポイント(10円)がTポイントに加算されます

※ただし、月間3回(30ポイント)までです。


ここで大切なのは、毎月ポイントプログラムにエントリーする必要がある、と
いうことです。


エントリーページをブックマークするなどして
ちゃんと管理しておきましょうね!



コンビニATMで手数料無料&ポイントをゲットする節約術まとめ


必要なものは、
★新生銀行のキャッシュカード
★Tポイントカード
★ネット環境



そして、利用するのは
「ファミリーマート」設置の
コンビニATM(イーネット)


ただし!!
コンビニに行く前に、
PCやスマホなどで設定が必要です。


イーネットATM利用ポイントプログラム
エントリー作業を事前にしておきましょう!


これやらないと、いくらコンビニで入出金しても
手数料が無料になるだけで、ポイントには
無関係になっちゃいますから(汗)



やってみると、3分くらいのカンタン操作です。


このエントリーは、毎月行う必要アリ
ですが、月に一度やってしまえば、あとは楽ですし、
スマホからでもできます^^


Tポイントカードの番号管理は個人情報になるので、
慎重に行う必要がありますけどね!


銀行の口座番号や情報を入力する必要はありませんよ。
(念のため)


そして、1日~月末まで、3回を上限に
入出金するごとにポイントが付与されます。


1回10ポイント=10円分なので、
月々の上限は30ポイント=30円です。


一年続けると最高で360ポイント、
つまり360円分のポイント付与となります。


この金額(ポイント)を、
どう捉えるか?ですが、
私はアリだと思っています。


だって、1000円を普通に預金しておいても
利息が付くかつかないかの低金利時代です。


このプログラムは、お金を出すときだけではなくて、
入金するだけでもポイントがつく
のが
いいな、と気に入っています。


うちの場合は、給与振込口座にしているのですが
必ずお金が動くので、ポイントは貯まりますね。


「節約しよう!」と意気込まなくても
自然にポイントが貯まっていくのが楽チンです。


銀行や金融機関でお金を引き出すときに
手数料がかかると、本当に馬鹿になりません。


数年前まで主人は銀行ATMで引き出し、
時間外手数料を年間で3000円近くも
支払っていたことが発覚しました!!


手数料は無駄!!ですし、
節約しやすい出費ですよね?


以来、この無駄な支出をカットするために、
会社の振込口座を新生銀行に変えてもらい、
小遣いも新生銀行から出すようにしてもらっています。


我が家のお金の流れとエントリーのタイミングを
書きますね。


[主人の新生銀行]
★毎月1日
・・・新生銀行のイーネットプログラムにエントリー
※私が自分の分と合わせてやります

★主人が10日に1度お小遣いから引き出して使う
⇒2回出金で20ポイント

★毎月20日
・・・給料日です。主人の小遣い分を残して引き出す
⇒1回出金で10ポイント
↑ここで1ヶ月の上限3回を使いきり、
月間30ポイントゲットです


[私の新生銀行]

★毎月1日にエントリー

★毎月10日にカード払いで買い物した分を出金(資金移動)
⇒出金で10ポイント

★20日
・・・給料日に小遣いと通信費を入金
⇒入金で10ポイント

★30日
・・・通信費分を計算して、出金
⇒出金で10ポイント


私の家計は、給与振込口座を新生銀行にしているのですが、
新生銀行にするメリットは、今回のポイントだけではありません。
また、別の機会に、節約術として記事をアップしたいと思います。


それでは、今日もお読み下さりありがとうございました♪

 

この記事に関連する記事一覧

人気の記事
最近の投稿
 
ノキシジル